隠岐への行き方

離島へ渡るのは、陸続きの場所へ行くよりもハードルが高く感じますよね。

実際に私も、多くの観光客の方が、船の時刻表を見るのに苦労している現場に遭遇しています。

隠岐諸島の中で複数の島を巡りたい時は特に大変です…。

船に馴染みのない方にもイメージを持ってもらえるように、まとめてみました。

ちなみに、飛行機でも来ることが出来ます。

 

 

隠岐の島町へ

空港とフェリーターミナルがあります。

飛行機

運航会社は、JALグループのJAC(日本エアコミューター)で、基本的には小型機になります。

隠岐空港と出雲空港・伊丹空港を1日1往復ずつしています

出雲空港から約30分。(午前中/時期により、時間の変動あり。) 

大人普通運賃は、13,800円

伊丹空港から約50分。(午後/時期により、時間の変動あり。) 

大人普通運賃は、25,000円。

飛行機往復の場合、出雲便で来て伊丹便で帰ると、隠岐滞在時間が最も長くなるのでオススメです。

ただし、羽田空港(おそらく他の空港も…)から来て、出雲空港で乗り換える場合は、朝がとても早いのでご注意を。

 

先得を使用するとお得。

時刻表は隠岐空港HPでご確認ください。

▶︎隠岐世界ジオパーク空港【隠岐空港利用促進協議会】

 

空から見る島は、また格別です。

f:id:ammmi:20180518133958j:plain

運航会社は隠岐汽船株式会社

船の種類は、大きなフェリーと高速船があります。

本土の七類港(島根県)・境港(鳥取県)と隠岐4島を回っています。

港の名前は、西郷港です。

本土の2つの港へは、松江駅・米子駅・米子空港などから接続バスが出ています。

大きなフェリーでは、本土から直通で約2時間半。

(本土▶︎島前▶︎隠岐の島町の順で回るフェリーに乗ると、4時間ほどかかってしまいます。)

料金は、客室に5段階のランクがありそれぞれ異なりますが、1番安い2等で大人運賃が2,920円。

ペット(移動用ゲージに入っているものに限る。)や自動車の持ち込みが可能です。

高速船では、本土から直通で1時間~1時間半。

大人運賃は、5,760円。

電話もしくはインターネットでの予約制ですが、当日窓口での購入も可能です。

ただし、混雑する時期は、事前に予約をしていないと乗れないこともありますのでご注意を。

海が荒れやすい冬場は就航していません。

時刻表や運賃等の詳細は隠岐汽船HPをご覧ください。

▶︎隠岐汽船株式会社

 

ゆっくり船旅も、たまにはいいものです。

f:id:ammmi:20180518134031j:image

島前3島へ

各島に、フェリーターミナルがあります。

運航会社は隠岐汽船株式会社

船の種類は、大きなフェリーと高速船があります。

本土の七類港(島根県)・境港(鳥取県)と隠岐4島を回っています。

港の名前は、西ノ島町が別府港、海士町が菱浦港、知夫村が来居港です。(覚えていないと混乱します。)

本土の2つの港へは、松江駅・米子駅・米子空港などから接続バスが出ています。

 

大きなフェリーでは、本土から直通で知夫村まで約2時間、西ノ島町まで約2時間半、海士町まで約3時間。

料金は、客室に5段階のランクがありそれぞれ異なりますが、1番安い2等で大人運賃が2,920円。

ペットや自動車の持ち込みが可能です(条件あり/別途料金がかかります)。

高速船では、本土から約1時間半。

大人運賃は、5,760円。

電話もしくはインターネットでの予約制ですが、当日窓口での購入も可能です。

ただし、混雑する時期は、事前に予約をしていないと乗れないこともありますのでご注意を。

海が荒れやすい冬場は就航していません。

時刻表や運賃等の詳細は隠岐汽船HPをご覧ください。

▶︎隠岐汽船株式会社

 

島前の場合、乗る船によっては停まらない港もあります

行きたい島に停まらない場合は、島前3島を結んでいる内航船をご利用ください。

運航会社は、隠岐観光株式会社

船の種類は、小型の「いそかぜ」と「フェリーどうぜん」があります。

大人運賃は、300円。

フェリーどうぜんには、車の積み込みが可能です(別途料金がかかります)。

時刻表は隠岐観光株式会社HPをご覧ください

▶︎時刻表(PDF) | 隠岐観光株式会社

隠岐の島町から島前3島へ

フェリーか高速船での移動が必要です。

基本情報は本土からの船と同様。

フェリーでは、1時間~2時間半ほどかかります。

2等の大人運賃は、1,330円。

高速船では、約30分。

大人運賃は、2,630円。

 

乗り継ぎがいいと内航船と合わせて使用すると、早く到着できます

最後に

船のことは島民に聞くのが一番早いので、面倒になったり諦めたくなってしまいそうになったら、その前に私にご連絡を!笑

「タイムスケジュールに悩むのも含めて旅の楽しみ」と思っている方は、ぜひご自分でスケジュール立て頑張ってみてください。

ちなみに私は後者のタイプです。

楽しめるようになると、旅も豊かになることは間違いありません。

 

おわり。