分け合い、与え合い。

田舎暮らしの醍醐味のひとつ…『いただきもの 』。

早速その恩恵にあずかる日々。

余分なものを分けているだけだから無理も意地も見栄もない、純粋な贈り物。

ゆとりの中にいるからこそ生まれてゆく、なめらかな循環。

今の家に住み始めた3月24日から、4月8日までの16日間の『いただきもの』。

 

 

その1:椎茸

引越した翌日に突然の来客。

ご近所のおばあちゃんが椎茸いっぱい持ってきてくれました。

知らない人だったけど、来てくれたおかげで生まれた繋がり。

 

その2:イカ

椎茸の翌々日には、友達からイカのお裾分け。

イカを捌いたのは、中学か高校の家庭科以来なことに気が付きました。

 

その3:めかぶ

大量のめかぶ。

初めて見たパックに入っていない状態のめかぶ。

さすがに一人で食べ切れる量じゃなかったので、友達たちにもお裾分け。

耳の部分は、微塵切りにしておろし生姜と和えて。

茎の部分は、人参ときんぴら風に。

 

その4:めかぶアゲイン

再びのめかぶ。

全部お味噌汁へ投入。

 

その5:ふくぎ茶

ふくぎ茶。

ノンカフェインで、抗菌・殺菌作用もある健康茶。

独特なスパイシーなお味にハマって土日で半分くらい飲んでしまいました。

 

その6:葉っぱと椎茸

クレソンは、採ってきてくれたのをもらって

こごみは、山の中に生えてるのを採らせてもらいました。

 

椎茸は多すぎちゃうから干してみた。

またどこかへお裾分けしよう。

 

最後に

移住してから、

『濃厚な人間関係やお世話焼きに嫌にならんでね』

などと言われることがちょこちょこありますが、

「お節介」「迷惑」と感じるか、

「親切」「ありがたい」と感じるか、

どう感じるかは、結局自分の心次第。

 

いつでもありがたみを感じられる心でいれば、幸せでいられます。

f:id:ammmi:20170411095911j:plain

 

おわり。