草を刈って想うことは。

初めての草刈り。

人の暮らしと、植物の暮らし。

住みよさへの有り難みと、雑草を悪者にすることへの違和感。

矛盾する感覚を自分の肌で感じられる経験は、すべて私の宝に。

 

職場の方が草刈りするというので、私も付いて行きました。

草刈機の使い方を教えてもらっていざ!

 

………めっちゃ大変( ゚д゚)

腕がー( ゚д゚)おーもーいー( ゚д゚)

明日は確実に筋肉痛。


私の暮らす場所は高齢化が進んでいる地域ですが、

地域の方々がみんなで協力して草刈りや掃除なんかをしてくれていて、

そのお陰で住みよくなっています。


かなりの重労働だし、もっと暑い日なんてすごく大変。

 

自分で体験してみると、ずっしりと有り難みを感じられます。

 

有り難みを感じると幸せな気持ちになる。

幸せを感じると誰かにあげたくなる。

あげた先で有り難みを感じてくれる。

幸せな気持ちになってくれる。

また誰かにあげてくれる。

 

…うん、いい循環。

この循環をずっとずっと作っていくことが、私の目標です。

 

一方で、草刈りしながら草と対峙すると、草の姿が見えてきます。

 

『この子たちと共生するとはどういうことなのだろうか。』

 

ひとまとめに"雑草"と呼び、悪者扱いをして、頑張って生きているところを邪魔している。

これが客観的事実。私はそう感じます。

 

良い悪いとかでもなくて、

正解不正解とかでもなくて、

実際に草刈りをしてみて違和感を覚えたこと。

 

東京で生活していた時には、

知識として入ってきても体感はできなかったこと。

 

「雑草という名の草はない。」

昭和天皇がおっしゃったという、この言葉が身に沁みました。

 

刈られたお花を少しだけ持ち帰って飾てみたら、

お料理が楽しくなりました。

 

これから畑デビューしたりお花と暮らしたりしたいから、

教えてもらいながら、きちんと植物みんなと向き合っていきたいです。 

"共生"に対する自分なりの答えを見つけるために。

 

おわり。